池袋の事故 高齢者ドライバーがゴミ収集車に衝突!? 手前の交差点でも1人はねた痕跡

2019年4月19日また池袋で事故が起きました。
もうなんなんでしょう?池袋という土地は?!

昔から通り魔事件とか車が暴走して歩行者をはねる事件などが多く起きている印象です。
人を狂わせる磁場でもあるのか? 気味が悪いとしか言いようがないです。本当に怖い!


事故の経緯

2019年4月19日午後0時25分頃
東京都豊島区南池袋
サンシャイン60 近くの交差点

シルバーの乗用車(プリウス)とゴミ収集車
が衝突し、11名ケガ
母子(30代女性と3歳の女の子)心肺停止の状態→その後搬送先の病院で亡くなる

乗用車のドライバーは87歳男性と見られる。

乗用車は2つの赤信号を無視して交差点に
進入。事故の痕跡を分析するに衝突後の速度
で50km/hはあったと思われる。

実はこの衝突事故の前に、手前の交差点でも
男性を1人はねており、そこからゴミ収集車
と衝突した交差点までの距離はおよそ80m

気が動転してブレーキとアクセルを踏み
間違えたとしても、そのまま踏み続けて
当該交差点に進入したとは考えにくい。
(以上、元京都府警・交通事故鑑定官の話)

池袋の事故現場

不可解な状況

実はあーしゃんママは、昔交通事故の査定を
していたことがありまして。

事故現場の測量とか衝突痕から事故状況の
調査をしていたんですね。
それによって過失割合を求めて、保険金を
支払うんですけど。なかなかレアな経歴ですよね?

そんな経緯もあって、こうした事故を見ると
つい図面を書いて、事故状況を推測する癖があります・・・

テレビのワイドショーでは、警察の元事故
鑑定官の方が同様に事故状況を分析されて
いましたけれども
まさに同じような仕事をしていたわけです。

で、今回の事故では総重量(ゴミを回収後
積載量を考慮すると)6000kg(6t)ほどの
ゴミ収集車を横転させていることを考えると
相手方の乗用車は相当な速度で走行してきている・・・と想定される。

ところが衝突箇所は
ゴミ収集車 右の前方
乗用車 左の前方

とのこと

交差点の事故で多い右直(右折、直進)の
事故であれば
右前方と
右側面あるいは右前方

になるはず。
なのに今回、右前方×左前方が損傷して
いるのはなぜか???

しかもこの交差点での衝突の前に、手前の
交差点で一人歩行者をはねていると???
普通この時点で停まりませんかね。

気が動転して逃げたのか?
ブレーキとアクセルを踏み間違えたのか?
それとも車を使った通り魔行動なのか?
にしてはドライバーの年齢が高齢者というのは・・・???

状況として謎だらけ。
今後の捜査の進展が待たれます。


(追記)その後判明した事故状況

さて、事故の状況がすこしずつ明らかになってきました。
というわけで、あーしゃんママが描いた図面でまとめてみます。

フリーハンドで恥ずかしいんですけど↓赤い×が推定衝突点、黒矢印が走行経緯、青がタイヤ痕です。

事故現場はT字路に近い、変形交差点。
乗用車は片側三車線の割と大きな道路を池袋
方向から直進で交差点へ進入。
一方のゴミ収集車は交差する幅員狭めの道路
を左折で当該交差点へ進入。

直後、ほぼ正面衝突のような状態で衝突。
信号は乗用車側が赤、ゴミ収集車側は青
だったと目撃者が証言しています。

乗用車側は、赤信号であったにもかかわらず、
当時の走行速度は100km/h近く出ていたよう
だとこれも目撃者が証言しています。

直進と左折の事故の割に事故後の停止位置が
おかしいことに気がつかれると思います。

これは、衝突の衝撃から乗用車が跳ね戻され、
バックして横断歩道を横切ったことを物語っ
ています。この制動までの時間に横断歩道上
で事故に巻き込まれた人も多かったことでしょう。

さて、その後、心肺停止状態だった母娘が
亡くなったことが報じられました。
本当にやりきれないことです。

おふたりのご冥福をお祈りするとともに、
この事故に巻き込まれ他の方々の心と体の
ご回復をお祈りいたします。

スポンサーリンク